ホン川を渡るバイク日記

アジアで仲良く生きるためのブログ、隣人を愛せよ!

安倍元総理、銃弾に倒れる

安倍元総理で遊説中に元自衛官の銃弾に倒れ、亡くなりました。

ほんと、ショックです。

我々、日本人は、戦後80年、民主主義教育の基、育ち、

長きに渡り、平和でした。

 

でも、その民主主義の根幹を揺るがしたのが ロシアのプーチンです。

保有国の代表が ウクライナへ戦争を仕掛けた。

でも国連は、何も止める手立てがないまま。戦争が4ヶ月も続いて居る。

世界の人々は、このプーチンを暗殺すべしという声もあったが それをしなかった。

暴力に暴力に返せば、戦争が拡大する。

でも西側諸国は、そこをグッと堪えた。

 

そこで 今回、日本は、いつになく、ウクライナに加担した。

しかも、中国の覇権をけん制して、防衛費をGDPの2%まで引き上げ論まで

出てきた。

 

そんな中、今回の暴挙です。

安倍さんを殺しても、何も変わらないのに 犯人の意図が分からない。

やっぱり、民主主義が壊れたのだなと思います。

犯人は、政治的意図がないと言って言うようです。

だとしら、ほんと 日本人は野蛮な人種です。

 

今、民主主義をまた 新たな道に導かれようとしているこの時に、

日本人として、短絡的で恥ずかしいです。

暴力では、何も変わらないと教わって来たはずです。

 

日本いる日本人は、どこか狂って居る。

政治的意図がないなら、余計に愚かです。

こういう偶発的な事で戦争が始まるのです。

こいつが、ただ目立ちたかったや 自暴自棄ならば、この犯人への報道は、

控えるべきです。

逆に、人の噂は、75日なので 早く忘れて、健全な日本へ戻るべきです。

 

安倍元総理のご冥福を祈ります。